保育園の準備で名前を書く場所はここです!付け方の方法も紹介! 

初めての子供の入園。

何から準備をしていいか悩んでしまいますね。

そのひとつに「名前付け」ですね。

どこに貼るの?

どうやって付けるの?

私の家でも最初の子供のときは
悩みましたね。

少しでもお役に立てればと思い、

名前付けの場所、付け方、

名前付けの方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

名前を付ける場所はどこが良いの?

●靴下


おすすめの場所は土踏まずのあたりが良いですよ!
一番消えにくくて良いですよ!

わざわざめくり返さないで済みます。

かかとやつま先部分に書くとこすれてしまい
消えてしまいます。

何で書くの?

白っぽい靴下より濃い色の
靴下を履かせることが多いと思いますので、
白色の細めのネームペンで書くといいです。

白の布用スタンプインクも良いですよ!

●上履きの靴

園によって指定されるかも知れませんが、
名前を書く場所は「足の甲」と「かかと」の
2か所が良いですね。

名前は少し大きめで、
足の甲は靴を履いた状態で子どもからも
見える位置にしましょう。

かかとは靴箱に入れているときに
見えるように縦書きにします。

洗濯しても落ちないように
必ず油性ペンで書きましょう。

名前書きに便利な「おなまえマッキ―」が
おすすめです。

左右がわかりやすいように可愛い絵を書いて
あげるのも良いですよ。

トップス

表に大きく名前を書く方が
分かりやすいですが
目立ちすぎて抵抗がありますよね。

着ていない状態で一目でわかるタグ
(後ろ首の部分)の表側です。

書くのは名前ペンで直に書くのが簡単です。

おしゃれにしたければ
アイロンシートやフロッキーが
良いです!

私の家では下の子のおさがりを考えて、
布に名前を書いてブランドタグのように
両端を縫い付けました。

●アウター

アウターには太めのブランドタグが
付いていますのでスナップ式のネームタグが
おすすめです。

これと同じようなものをが100均でも売っています。

アウターを変える時はスナップを
外して付け替えましょうね。

●Tシャツ、肌着

後ろ首の部分のサイズなどのタグが
付いているところに書きましょう。
名前を書いて縫い付けても
良いですけど簡単に手書きで
書けば良いです。

ボトムス

ボトムスはウエスト部分の後ろの内側に
付けましょう。

●下着

下着は前に書いた方がわかりやすい気がしますが、
ボトムスとパンツの場所が違うと子供が
混乱しちゃうかも知れません。

子供が迷わないように一緒の場所が良いです。

ウエストのゴム部分がおすすめです!

下着は直接に肌に触れるので
縫い付けたりすると子供がかゆがって嫌がります。

名前書きペンで直に書きましょう。

スポンサーリンク

名前を付ける方法

テプラやアイロンシールを使うのが
多いみたいですね。

私に家ではアイロンシールを利用しました。

アイロンで貼るだけですので簡単です。

はがすこともできます。

テプラとアイロンテープのメリットとデメリット
も書いておきますので比較してくださいね。

テプラとアイロンテープのメリットデメリット

テプラ

ラミネートラベルが印字できる小型プリンターです。

<メリット>

・名前が必要になれば手軽に印字できる
・テープの種類が豊富でラミネート加工された
テープ、アイロンで付けられるテープがある
・テープの色柄、幅、フォントや絵文字の種類が豊富
・オリジナルな物が作れる

<デメリット>

・枚数が多いと専用テープ代が割高になる
・布などには使えない
・アイロン接着が可能なテープには、
洗濯乾燥が使えないタイプのものもある
・製品によってはテープが固めなのでカーブしている
部分には不向き

用途
お弁当箱、フォーク、スプーン、お箸、水筒、
のり・クレヨン等の文房具

アイロンテープ

名前シールやフロッキーをアイロンの熱で接着させます。

<メリット>

・粘着シールやフックなどでループ状にして取り付ける
ことができる

・スナップで簡単に取り付けが可能なタイプもあり、
用途に応じて使い分けが可能。
・キッチリ接着できれば長持ちする

<デメリット>

・肌に直接シールが触れる場所は痛がるので不向き

・貼付ける場所にループを引っ掛ける部分がないと
付けられない

・フロッキーの一文字がとれてしまうこともある。

・洗濯しているうちにシールが剥がれたりする
(はがれ防止には、アイロンシールの四隅を縫っておく)

・一枚当たりの単価が高い

用途

通園バッグ、お弁当袋、コップ袋、靴下などの布物

※頻繁に洗わない通園バッグなどには最適です。

まとめ

名前付けはしっかりとしないと、

違う子供さんと入れ替わって
ママさんどうしのトラブルに
発展してしまうかも知れません。

そうならないように失くしても
すぐに分かるような場所に書きましょうね。

そして剥がれないようにしっかりと
つけましょうね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする