最近のコメント

    洗濯機 のカビは病気の原因! 酸素系漂白剤を使ってカビ取り方法

    洗濯した衣類から嫌な臭いがする

    洗濯機に黒っぽいカスがついている

    それは、
    カビが原因なんです!

    そのまま放置しておくと
    有害なカビは増殖し大変なことになります。

    カビはアレルギーやいろんな病気を
    引き起こす原因です。

    小さい子供にはとくに注意が必要です。

    子供が病気にならないように
    洗濯機のカビ取りは必ずしましょうね。

    今回は酸素系漂白剤を使っての
    カビを取る方法!

    そして、
    定期的な洗濯機の手入れについて紹介しますね。

    スポンサーリンク

    用意するもの

    ・酸素系漂白剤

    ・ゴミすくいネット

    ・洗面器

    ・ゴム手袋

    洗濯機カビ取りの手順

    ①、洗濯機の高水位まで50℃前後のお湯を入れます。

    ※お湯の温度は必ず50℃前後にしましょう。

    50℃という温度が大事です。
    酸素系漂白剤の働きが活発になりやすい温度なんです。

    カビ汚れなどが浮き上がりやすくなるんです。

    ②、粉末酸素系漂白剤を2カップと
    台所用中性洗剤小さじ一杯を入れます。

    直接入れてもいいですが、

    粉末酸素系漂白剤をきれいに
    溶かすためにゴム手袋をはめて洗面器で
    少しずつ溶かして洗濯機に入れると良いです。

    ③、洗濯機の洗いコースで15分回し、10分おく
    ※お湯を流さないように必ず洗いコースでしましょう。

    洗いが終わった後、汚れなどが浮いていれば、
    ゴミすくいネットで、軽く取り除いておきます。

    ④、③を3回繰り返し、2時間おく

    ⑤、最後に通常の洗濯同様に
    「洗い」、「すすぎ」、「脱水」をします。
    脱水の遠心力で剥がれた細かい汚れが、
    洗濯槽の底に溜まっていることがあるので、
    濡れ雑巾などで丁寧に拭き取ります。

    粉末酸素系漂白剤のメリットデメリット

    まずは酸素系の特徴です。

    ・主成分は過炭酸ナトリウム

    ・温水でつけ置きが必要

    ・殺菌力は塩素系より弱い

    ・匂いが穏やか

    ・発泡力で汚れをはがして落とす

    メリット

    ・強い塩素を使うのが怖い場合や臭いが苦手な
    場合にも抵抗なく使えます。

    デメリット
    ・塩素系に比べて除菌の効果が弱い。

    ・お湯を用意したりつけ置く必要がある。

    定期的な手入れは大事

    洗濯槽の表面は一見きれいに見えます。

    でも、

    洗剤を使って毎日のように洗っているのに、

    なんで?

    嫌~な臭いがするんだろうって
    不思議に思ったことはありませんか!

    実は、

    洗濯の度に
    溶けなかった洗剤の残りや洗濯物からでた
    汚れが蓄積しているからなのです。

    それらは、

    放っておくとカビの原因になります。

    そうならないように定期的にお手入れしましょう。

    違いを実感するのは、
    なんといっても洗濯物の仕上がり!

    というのは、
    洗濯槽のカビ汚れが、雑菌の繁殖や色素沈着となって、
    生乾きの臭いや、洗濯物のくすみの原因になっているからです。

    結果、

    生乾きの洗濯物の臭いがなくなったり、
    白い洋服が、
    くすみのない白色に洗いあがります。

    スポンサーリンク

    お手入れ箇所

    ・ゴミ取りネット

    ・洗剤投入ケース

    ・排水フィルター

    ・洗濯槽

    ●ゴミ取りネット

    久しぶりに開けると~

    すごく臭くて大量のかたまりでした!

    くさい~

    汚い~

    思わず叫びました!

    そんなことにならないように

    定期的に掃除をしましょうね。

    ●洗剤投入ケース

    結構解けなかった洗剤のかたまりがたまってきます

    洗濯中の衣類に洗剤のかたまりが落ちると白いかたまりが
    衣類につくので要注意です!

    まとめ

    洗濯機にこびりついたカビが
    せっかく洗った衣類につくのは嫌ですよね!

    定期的にカビ取りをしましょうね。

    それとゴミ取りネットや洗剤投入ケースも忘れずに。

    子供がカビが原因でアレルギーにならないように
    気をつけてくださいね。

    ありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする