最近のコメント

    心臓の鼓動はどんなときに速くなるのか!心臓の役割も見てみよう!

    もろもりです。

    心臓の鼓動なんか、
    気にしたことって、ほとんどないですよね。

    でも、
    ときどき動悸がしたりしたことってあると思います。

    どんなときの動悸がするのでしょうか?

    心臓の役割についても調べてみました。

    スポンサーリンク

     心臓は血液を送り出すポンプの役割!

    心臓は体全体に血液を循環させるポンプの役割をしています。

    心臓は2セット4室で構成されいます。

    弁膜症疾患 | 日本医科大学付属…
    http://www.nms-cvs.com/medical/valvular_disease_of…

    第1のセット・・・

    第1のセットは、
    右心房(うしんぼう)と右心室(うしんしつ)です。

    全身からの血液は、
    上大静脈(じょうだいじょうみゃく)と下大静脈(かだいじょうみやく)
    とによって右心房(うしんぼう)にもどり、三尖弁(さんせんべん)を
    通って右心室に入ります。

    ここから押し出された血液は肺動脈を通って肺に送られます。

    右心室と肺動脈との間には肺動脈弁があります。

    第2のセット・・・

    第2のセットは左心房(さしんぼう)と左心室(さしんしつ)です。

    肺から血液が4本の肺静脈で左心房に戻ってくると僧帽弁(そうぼうべん)
    を通って左心室に入り、ここから押し出されると大動脈を通って
    全身に送られます。

    左心室と大動との境(さかい)には、大動脈弁があります。

    スポンサーリンク

    心臓のリズムと血液の量

    心臓は、
    男子で1分間に平均70回のリズムで動いています。

    女子は男子より6~8回多く、

    赤ちゃんは、
    約130回と男子の約倍近く速く動いているんです。

    心臓のリズムは、
    手首の内側や首すじをさわってみれば
    良くわかります。

    そして、
    血液の量は体重の13分の1といわれています。
    ふつうの大人で5~6ℓほどです。

    運動をすると鼓動が速くなる!

    心臓は、常にドキッドキッと脈打っていますね。

    このドキッドキッを鼓動(こどう)といいます。

    心臓は一定の速さで脈打っているので、
    意識することはないですよね。

    ところが、
    心臓がリズムを乱し、
    ドキンと大きく脈打ったり、ドキドキドキドキと
    パンクするんじゃないかと思うほど速く打つことがあります。

    この激しく脈打つことを「動悸(どうき)」といいます。

    どんなときに動悸が起こるのか?

    走ったり、スポーツをしたときは、
    呼吸の回数が多くなります。

    そんなときに動悸が起こりやすくなります。

    この理由は、運動をするとエネルギーといっしょに酸素の消費が
    激しくなるからです。

    大きく速く呼吸をして酸素をどんどん取り入れ、
    心臓はそれを一刻も速く全身に送り届けようとするからです。

    ビックリしても鼓動は速くなる!

    走ったり、スポーツをしなくても、
    心臓がドキドキすることがあります。

    車がぶつかりそうになったときや、
    試験がはじまるときなど、落ち着こうと思っても
    心臓がドキドキします。

    こんなときは、心臓の鼓動が、
    120~130回くらいにふえています。

    心臓の脈打つテンポは、ペースメーカーという
    特殊な細胞が送る電気信号で設定されている。

    ところが何か強い外的な刺激を受けると、
    この信号回路乱されて強く打ってしまったり、
    時には間違えて1テンポ速く打ってしまったりする。

    一生の間、何回くらい心臓が動くのでしょうか?

    心臓のありがたみが良くわかりますね。

    まとめ

    人間が生きている限り、
    寝ているときも休まずに
    心臓は働いています。

    すごくありがたいですよね。

    ありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする