セーターを縮ませない!上手に洗うコツと縮んだセーター元に戻す方法!

もろもりです。

セーターをお家で洗ったら縮んでしまった!!

そんな経験ないですか?

そんな悲劇が起きないようにセーターを家庭で、
上手に洗うコツ!

そして、柔軟剤を切らしてしまったときに意外なものが役に立ちます。

意外なものとは?

また、縮んだセーターをもとに戻す方法などを
記事内でお教えしますね。

スポンサーリンク

セーターを縮ませずに家庭で上手に洗うコツ

セーターを縮ませずに上手に洗うコツを2つ紹介しますね。

❶セーターを上手に洗う

(1)、洗う前に、
大きな紙の上にセーターをのせて鉛筆でセーターの型をとる。

⑵、ぬるま湯に中性洗剤を溶かして、
その中でセーターを手早く押し洗いし、
すすぎ終わったらバスタオルの上に形を整えて置き、
軽く巻きながら水分を取る。

(3)、乾燥する前に紙にとったセーターの型に合わせて、
縮んだ部分を手で伸ばし形を整える。

(4)、そのあと、
すのこなど平らな台に乗せ陰干しをする。

(5)、セーターの型に合わせて、
中温のスチームアイロンを浮かせながら
当てて仕上げると型くずれしない。

❷セータを上手に洗う

⑴、縮める心配のないシーツなど
白い大きめの布の上にセーターを広げ、
まわりをしつけ糸で粗(あら)くとめる。

⑵、この布をつけたまま、
ぬるま湯で押し洗いする。
セーターの形をシーツに固定してあるので、
洗っても縮んだり型くずれすることがない。

(3)、干すときも、
このままで竿(さお)にかければOKです。

濡れた重みでセーターが
伸びて型くずれするのを防いでくれます。

セーターをふんわりと仕上げる意外なアイテム

セーターをふんわりと仕上げようと
洗濯しようとしたら、
柔軟剤が切れてたってことになったとき
意外なものが柔軟剤の代わりになります。

それは、
髪を洗うときに使う、ヘアリンスです。

髪の毛も毛糸も動物性なので、
リンス効果は同じなんですね!

仕上げのぬるま湯の中に、
リンスを少量たりします。

その中にセーターを3〜4分浸しておく
ふんわりと仕上がります。

スポンサーリンク

ニット洗いにはオリーブオイル!

ニットのふんわりした風合いを
そこなわずに洗うには、
30度前後のぬるま湯の中に中性洗剤を入れ、
やさしく押し洗いすると良いです。

もみ洗いは、
ニットの衣類が縮んでしまうので
絶対にしないようにしましょう!

水かぬるま湯(どちらでもOK)に、
オリーブオイル2~3適たらした中で
すすぐと効果バツグン。

※温度計がないときは、
熱湯1に対して水2の割合くらいにすれば
だいたい30度前後のぬるま湯になります。

セーターの縮み洗いを直す方法!

自分で洗濯したら、
セーターが縮んでしまった。

どうしようって
泣かないで!

決してあきらめてはダメです。

ぬるま湯にヘアシャンプー
少量加えた中に2~3時間つけておくと、
縮みを元に戻すことができます

お湯でセーターを洗うポイント!

セーターなどウール製品を洗うときに、
気をつけるのが、
温度です。

30度前後のぬるま湯で、
洗うのが基本です。

まとめ

お気に入りのセーターが縮んでしまったら、
すごくショックですよね。

そうならないコツを記事内で書いていますので、
家庭で洗濯するときには参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする