アイロンのかけ方!背広・ワイシャツとブラウス・プリーツスカートのコツ!

もろもりです。

ワイシャツなど衣類のシワ取りには、
絶対に欠かすことができないのが、
アイロン。

アイロンがけってすごく難しいですよね!

なかなかキレイにシワが取れなくて
いらいらしませんか?

ワイシャツの襟(えり)、ボタンがある場所、

背広の袖や肩、ギャザーやフリルなど、
大変です!

そんなアイロンがけが難しい場所でも、
かんたんにアイロンをかけれる方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

背広の袖と肩の上手なアイロン方法!

背広やブラウスの袖(そで)や肩は、
丸くカーブしていて、
アイロンをかけるのに
すごく手間がかかりませんか?

袖や肩の部分を立体的に
丸く仕上げるための、
専用の肩馬(かたうま)、
袖馬(そでうま)があれば、
いいですが、

馬なんかないーって!

そんなときにかんたんに上手に、
袖や肩にアイロンをかけれる
方法を紹介しますね。

①、ラップの芯にタオルを巻きつけて、
袖に通して当てます。

そして、
ラップの芯を片手で持ち上げながら、
アイロンをかけていけば、
ラクに立体的に仕上げることができます。

⓶、雑誌を小さめに丸めて、
その上に布をかけます。

そして、
袖に通してから手を離すと、
雑誌が袖の中で広がるので、
袖をピンと伸ばすことができます

ジャケットのアイロンがけのコツ

ジャケットにアイロンをかけるときには、
アイロンの温度に気をつけましょうね。

裏地は高温に弱いので、
しっかり温度調整をしましょう。

アイロンがけの際は、
裏地など高温に弱いものから
かけはじめるのが基本です。

ワイシャツの肩山には”バスタオル„

ワイシャツのアイロンがけは、
肩山のところがシワになりやすいし、
肩山や袖の部分は丸みがあるので
アイロンがかけにくいです。

そこで、
下のイラストのように、
バスタオルをグルグルと
左手に巻きつけワイシャツの裏から
この部分に当てがってアイロンをかけます。

ちょうど、
アイロン台の馬の代わりになります。

ワイシャツの襟とボタン付近のアイロンかけ

ワイシャツの襟(えり)は左から右端、
または右から左端にアイロンをかけるのではなくて、
左端から襟の真ん中までいったんアイロンをかけます。

つぎに、
右端から襟の真ん中までアイロンをかけたら終わりです。

そうすると左右のシワがきれいに取れます。

ボタンが付いている場所は、
ボタンのある表からアイロンをかけるのでなく、
ボタンの裏からアイロンをかけると
ボタンにアイロンが引っかかることがなく、
かんたんにアイロンがかけれます。

スポンサーリンク

ギャザーやフリルのアイロンかけ

ブラウスについているギャザーやフリルに、
ふっくらした風合いを保たせるには、
ギャザーやフリルを押し広げるようにして、
アイロンの先をギャザーやフリルに差し込み
左右にふりながらかけます。

フリルをアイロンでふんわりさせる

フリルのついた、
おしゃれ着にアイロンをかけるときは、

アイロン台の上にタオルをのせ、
その上でかければ、フリルをつぶさず、
ふんわりと仕上がります。

プリーツスカートのアイロンかけ

プリーツスカートにアイロンをかけるのは、
ひだがたくさんあるのでめんどう。

そんなときのアイロンかけのコツです。

①、スカートのプリーツがずれないように、
すそを洗濯バサミか大きめのクリップで止めて、
すそから上に向かってアイロンをかけると上手いきます。

⓶、太めのゴムひもを用意し輪を作ります。

そして、
アイロン台にスカートをのせ、プリーツを揃えたら、
輪にしたゴムひもで、しっかりとはさんで固定する。

ゴムの輪の位置を少しずつずらしていくと、
すそまできちんとアイロンがかけられます。

まとめ

アイロンをかけるのって、
すごくめんどうですよね。

シワがうまくとれないです。

そんなときには、
記事内のアイロンがけの方法をためしてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする