テレビやAV機器などのそうじの仕方と必要な道具と洗剤を紹介します!

もろもりです。

テレビやAV機器のまわりは、
放っておくと静電気で、
すぐにホコリだらけになります。

コード類などにも
ホコリがたまりやすいので、
こまめなふき掃除が必要です。

そこで、
どんな道具や洗剤がいいのか?

そして、
そうじ方法も紹介しますね。

スポンサーリンク

テレビの種類によってそうじの仕方も変わる!

テレビといえば液晶テレビが主流です。

でも、
液晶テレビの画面はすごくデリケート
で傷がつきやすいですよね!

画面に付着したホコリや汚れをきれいに
ふき取るとろうとして、
ぞうきんなどを使い表面を傷つけて
しまったことはないですか?

画面をふくときは、
必ず、マイクロファイバーなどの
超極細繊維を使いましょうね。

一方、
プラズマテレビの画面は、
やわらかい布で、
からぶきしても
傷つくことはないです。

このようにテレビやAV機器などは種類によって、
そうじの仕方が変わるので、
機器に合ったやり方で、
いつもピカピカきれいを保ちましょうね。

プラズマテレビと液晶テレビのそうじ方法

【プラズマテレビ】

プラズマテレビは汚れがつきにくいです。

ディスプレイの汚れはやわらかい布で
からぶき。

キャビネットやガラス面のひどい汚れや指紋汚れなどは、
水で薄めた中性洗剤に浸した布を固く絞ってふき、
からぶきで仕上げます。

【液晶テレビ】

液晶テレビの画面は、
すごくデリケート。

特殊加工された超極細繊維の
「マイクロファイバー」を
使いましょうね!

おそうじ用の専用ふきんタイプも
市販されています。

液晶画面の表面を軽くなでる程度で、
ホコリや手アカ汚れがスッキリ、キレイに
取れるのでおすすめです。

スポンサーリンク

汚れのプロセス

【テレビ】

①、ホコリが落下

②、静電気によってホコリがくっつく

③、テレビの表面のホコリが炭化し、
黒くなる

【AV機器】

①、ホコリやチリが空気に舞う

②、空気の流れによってホコリがつく

必要な道具と洗剤

●化学ばたき・マイクロファイバー

(ホコリを効率よくキャッチする)

●ぞうきん・ふきん

(広い面のふきそうじに)

●綿棒

(細かい部分のおそうじに活躍)

●中性洗剤

(ガンコな汚れには専用洗剤を)

テレビ・AV機器の年間そうじ方法!

ときどきのおそうじ

収納家具のホコリ

テレビ・AV機器のまわりの収納家具も
ホコリがたまりやすい場所です。

ときどき化学ばたきでホコリをはらいましょう。

テレビの表面のホコリ

液晶テレビはマイクロファイバーでホコリを
はらいます。

プラズマテレビはやわらかい布でからぶき。

●プラグのたまったホコリを取る

DVDの溝にたまったゴミは電源プラグを
抜いて綿棒で取ります。

プラグのホコリは乾いたふきんで取る。

年に1回

●コード類のふきそうじ

コード類は年に1回、化学ばたきでホコリを取り、
水で薄めた中性洗剤に浸したぞうきんを固くしぼってふく。

その後、水ぶき➝からぶきでOK。

まとめ

テレビ・ビデオなどのAV機器は
静電気が発生しやすく
ホコリがすぐにたまってしまいます。

キレイを保つためには、
定期的なそうじが必要です。

どんなそうじの仕方や道具が必要なのか?

記事内で紹介させていただきました。

参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする