お米の保存の仕方と虫よけ防止方法!お餅のカビを防ぐ方法も紹介します!

もろもりです。

お米は高温や湿気にはすごく弱いです。
長く保存するのは保存方法が、
すっごく大切です。

お米の保存方法。

虫よけ防止方法などについて、
紹介させていただきますね。

スポンサーリンク

お米の保存方法

お米は密封容器に移しておいしく保存しよう。

買ってきたお米はビニール袋に
入れたままにしないこと。

お米を買った時に入っている米袋には、
便宜上たくさんの空気抜けの
小さな穴が空いています。

この空気穴から湿気を含んだ空気が入り、
場合によっては虫が発生する原因にもなります。

お米を劣化させる三大要素は、高温・湿気・酸化です。

袋に入れたまま置くと
酸化したり蒸れて味み落ちます。

お米の保存容器はいろいろありますが、
手軽でおすすめなのが1合びんや
ペットボトルに小分けすることです。

それぞれ口までいっぱいに詰めて
密封することが肝心です。

1本ずつ使って残りは冷蔵庫や床下など、
冷暗所で保存しましょう。

空気に触れるのや湿気を最小限に防げます。

日当たりが良すぎる場所はもちろんですが、
冷蔵庫の側で保存も避けましょう。

冷蔵庫の放射熱でもお米は劣化します。

湿気の多いキッチンの水周りでの保存もやめましょう。

空気に触れるのや湿気を最小限に防げます。

お米に虫がつかないようにするには

お米の保存容器に赤唐辛子を入れて虫よけしよう。

お米を長く保存するときは、
容器に虫がつかないように赤唐辛子を2~3本混ぜておくのが、
昔ながらの知恵です。

皮付きのにんにくでもいいですよ。

とはいえ、
せいぜい1か月以内には食べきるようにしましょう。

おいしくいただくには安いからといってまとめ買いせず
少しずつ買い足すほうがいいです。

炊き込みご飯は保温状態のままにしない

今の炊飯器は炊き上がると自動で
保温に切り替わります。

しかし、
炊き込みご飯の場合は注意!

保温状態のまま長く置くほど、
においがこもってせっかくの
具材の香りが台無しに・・・泣

また、
塩分でお釜の底が焦(こ)げついたり水気がでてきます。

炊き込みご飯のときは、
炊き上がったら保温スイッチは切ってしまい、
食べきれない分はラップに包んで冷凍しましょう。

スポンサーリンク

お赤飯を色鮮やかに炊くには

お祝いのお赤飯は、
できるだけきれいな色に仕上げたいですよね。

そこで、
重曹(じゅうそう)が活躍します。

下ゆでしたあずきのゆで汁に、
少量の重曹を入れて、もち米をひと晩浸しておいて、
翌朝炊けば、色鮮やかなお赤飯が出来上がります。

お正月のお餅のカビ防止と固くなったお餅を切る

お餅のカビ防止・・・

売られているお餅はパック包装されたお餅が
ほとんどです。

でも、
お正月はお家でお餅をつくこともありますよね。

パック包装されていないお餅はカビがつきやすいです。

保存容器にお餅を入れたら、
隅っこにおちょこなどに練り辛子を入れておくと、
それだけで2~3週間は長持ちします。

冷凍しなくてもお正月いっぱい、
おいしく、すぐ焼ける状態で保存できます。

固くなったお餅を切りやすくする・・・

カチカチになったお餅は、
包丁で切るのがひと苦労。

でも日本酒を吹きかけて、
1時間もおいておくと
ぐんと切れやすくなります。

まとめ

炊き立てご飯って、
すっごくおいしいですが、
古くなったお米は味も
変わってきますよね。

お米の保存方法。

虫よけ防止について書いてみました。

参考にしてくださいね。

ありがとうございました。

こちらの記事も読んでくださいね。

お米のおいしい炊き方

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする