気象病の原因は気圧の変化だった!症状や予防対策をお教えしますね!

もろもりです。

台風や天気の悪い日に
頭や関節など、
痛んだりしませんか?

私は経験したことがないので
わかりませんが、
すごくつらいと聞きました。

なぜ、
気象変化が体に大きく関係しているのか?

どんな症状が起きるのか?

原因と対策を調べてみました。

スポンサーリンク

気象病の症状

気象が原因で起きる体調不良

・古傷がうずく

・頭が痛くなる

・台風が近づくとぜんそくの発作が出る

・メニエール病

・めまい

・うつ病

・腰痛

・肩こり

・神経痛

・リウマチ

・全身の倦怠感
など・・・

気象の変化により
これらの症状が起きます。

朝ベッドから起き上がれないとか、
心臓発作や脳卒中のきっかけにもなるので注意です。

気象病の原因

気象病は気圧の変化が原因だといわれています。

たとえば、
海や湖などの深い場所、
アルプスなどの山頂付近などの
気圧は平地と比べると全然違います。

このような、
気圧の変化が体に大きな影響を与えます。

身近に気圧の変化を体験すると
良くわかると思います。

飛行機のが離陸しているとき、
トンネルに入ったときなどです。

胸に圧迫を感じたり、
耳がツーンとなったりしませんか?

それが、
体に影響する気圧の変化なのです。

この影響は、
人によって大きな差があります。

気圧の変化が弱い人は気象病になりやすいのです。

気圧の変化が脳に混乱を起こす・・・

体の平衡感覚をつかさどる内耳には、
気圧の変化を感知し、
脳に信号を送るセンサーがあります。

本来、
センサーは気圧の変化に体を
順応させるためにあるのですが、
普段から自律神経が乱れやすい人だと、
センサーからの信号を受けて脳が
混乱してしまうことがあるそうです。

気象病を引き起こすのは、
内耳にある“気圧センサー”からの情報に
体が適切な対応をできないからです。

たとえば、
気象病で起こるめまいも
脳の混乱で起こるのです。

平衡感覚の維持には、
内耳からと視覚からの2つの情報が
一致しなければなりません。

しかし、
気圧の変化を受けて、
気圧センサーからは、
「体のバランスが崩れた」という情報が届き、
目からは「崩れていない」という情報が届く。

このズレで脳が混乱し、
交感神経が興奮して、めまいが生じるのです。

乗り物酔いも内耳と視覚からの情報の混乱で起こるのです。

気圧は空気の重さのこと・・・

空気の重さなんて感じたことないですよね。

でも、
空気にも重さがあるんですよ!

空気の重さは、
1ℓ当たり平均約1.3gの重さです。

実際、成人男性でおおよそ16t、
女性でも14tもの力がかかっていると
いわれていわれています。

すごい
気圧ですね。

でも、
このような強い力がかかっても人間の体が
つぶれないのはなぜ?

それは、
体の内側から同じくらいの力で
押し返しているからなのです。

なので、
台風や発達中の低気圧が通過するとき、
急激に短時間で気圧が大きく変化するので、
体の外と中の力のバランスが崩れ、
内側から押す力が強まります。

その結果、
神経などが押されて痛みが生じたり、
増強しやすくなると考えられているのです。

スポンサーリンク

痛みと天気を記録しよう

気象が変化すると
頭痛など体調が崩れるなら
気象病かもしれません。

自分がどういうタイミングで
痛くなるかを知ることが大切です。

それを知るには
いつ痛みが強まったか?
その日はどんな天気だったかを
記録することです。

日頃から天気予報をチェックして、
台風や低気圧あ近づいているときは、
気圧が急激に変化すると思われるので、
仕事や用事を早めに切り上げるなどしましょう。

気温の変化にも気をつけよう

季節の変わり目などは1日の気温の変化が
激しいです。

急に暑さがぶり返したり、
朝夕急に寒くなったり
気温の変化が大きいです。

外出する際は、
カーディガンや薄めのジャケットなど
羽織るものを用意しましょう。

気象病対策

メカニズムが似ていることから、
気象病によるめまいや頭痛には、
「市販の酔い止め薬」が効きます。

酔い止め薬には内耳の血流を改善し、
内耳神経の興奮を鎮める効果があります。

頭がぼんやりし、
症状が出る予兆を感じたら、
服用するといいでしょう。

痛みが出たあとなら、
首の後ろや額、眉の下の辺りを冷やすと
痛みが弱まるそうです。

マッサージや入浴は効果がありそうですが、
体が温まり、血管が拡張するので、
片頭痛には逆効果です。

そして、
普段から適度な運動をし、
十分な睡眠を取るなど
自律神経を整える習慣を心掛けることが大切です。

規則正しい生活をする、
十分な睡眠をとるなど、
自律神経の乱れを整えることも大切ですよ!

まとめ

気象病っていろんな病気のきっかけになるんですね。

なりやすい人は気象に関心を持ち
予防対策を心がけましょうね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする