最近のコメント

    あおり運転にあわない7つの対策と対処法とやってはいけない危険行為!

    もりもりです。

    あおり運転。

    あおり運転は非常に危険な行為です。

    運転免許証を交付されてるという事は、
    冷静な判断で自らが事故を防ぐ安全な運転を
    しなければいけないのです。

    前の車がちんたらと速度が遅いとか、
    割り込みされたとか、
    イラッとすることもあるかもしれません。

    しかし、
    そんなくだらない理由で煽ったりしている人は
    今すぐ運転免許証を返納すべきです。

    危険なあおり運転にあわないようにする対策と対処法!

    自分が加害者にならないようにするには?

    独断と偏見で書いてみました。

    スポンサーリンク

    あおり運転にあわないための7つの対処法!

    あおり運転にあわないための対策をいくつか
    私なりに考えてみました。

    ①急な車線変更をしない

    ウィンカーを出して余裕のある車線変更をしょう。

    急な車線変更はやめましょう!

    車やバイクなどいないかちゃんと確認して
    余裕を持った車線変更をしましょう。

    いきなり入るとバイクなどは死角になりやすいし、
    急な割り込みだと思われることもあります。

    ②車線変更時は必ずウインカーを出す

    運転になれると、
    車線変更の際、
    ウィンカーを出さない車がいます。

    それは独りよがりでしかありません。

    交通規則は守りましょう。

    運転していると、
    必ず死角になるところがあります。

    車線変更や左折のときに
    車やバイクに気がつかずにヒヤリとしたことが
    何回かあります。

    ウィンカーを出すことで隣の車に車線変更の意思が伝わるし、
    減速して入りやすくしてくれたり、
    危ないときはクラクションを鳴らして教えてくれたり、
    良いことばかりです。

    事故を未然に防ぐ防ぐことも出来ます。

    ウインカー出さずに車線変更すると、
    あおられる原因をつくっていることにもなりますよ!

    ③入れてもらったり、道を譲ってもらったらハザードや会釈をしよう

    ありがとうって言う気持ちを伝えることが大切です。

    ありがとうって言われて
    嬉しくはなっても、
    気分を害する人はいないと思います。

    入れてもらったり道を譲ってもらったら
    ハザードや会釈をしてありがとうの気持ちを伝えましょう。

    ⑤なかなか入れないときは会釈などをして入れてもらう

    道路が渋滞してたり、
    入れる間隔がないときは
    無理に車の頭を入れてくれと言わんばかりに
    強引に突っ込んだりするのはやめましょう。

    指示器を出しつつ止まってくれそうなら
    運転者の顔を見て会釈をしよう。

    そうすると大抵の方は入れてくれますよ。

    コミュニケーションを大切にしましょうね。

    ③追い越し車線は走らないようにする

    できるだけ左側の走行車線を走るようにする。

    数百メートルで右折しなければならないときは、
    急に右車線に入ると割り込みや後続車に迷惑がかかるので、
    少し早めに右側車線に入っておきましょう。

    ④後ろから速い車が接近したらすぐに走行車線にもどる

    追い越し車線を走行中、
    後ろから速い車が接近したら
    すぐに左車線に戻って道を譲るようにします。

    高速道路では追い越す以外は
    走行車線を走りましょう。

    常にルームミラーを見て後続車を確認しょう。

    ⑤片側1車線で後続車に接近されたら

    無理に速度を上げるのは危険なのでやめましょう。

    広い路肩があれば、
    パーキングを出して左側によるか、
    店の駐車場や左側に広い道があれば
    左折するなどして追い越してもらいましょう。

    その方が自分自身も気分が楽に運転できます。

    ⑥わけもわからず怒ってきたらとりあえず謝る

    突然に怒ってきたら理由はあとで考えて、
    まずは頭を下げてしまいましょう。

    相手が刃物など危険物を持っているかもしれません。

    ドアは開けずに、ドアロックは必ずしましょう。

    謝ってしまえば、
    怒鳴るだけ怒鳴ったら
    大抵その場を去っていきます。

    身の安全を第一に考えましょう。

    ⑦ドライブレコーダーを設置する

    ドライブレコーダーは案外手軽に
    自分で付けられるタイプの物も多いので、
    ドライブレコーダーは必ず付けるようにしましょう。

    トラブルがあったときの証拠にもなります。

    スポンサーリンク

    あおり運転にあったときの対処法!

    ①速度を落として道を譲る

    まずは、
    素直に道を譲りましょう。

    危険な運転や悪質な運転には関わらない。

    悪意ある後方車の運転に怒りを募られ、
    大きな事故を起こしては自分の人生、
    そして関係の無い方の人生まで台無しにしてしまいます。

    つまらぬ感情は持たずに、道を譲ることが賢明です。

    ②いつまでもついてくるときは停車しよう

    ・まずハザードランプを点灯させ、周囲に注意を促します。

    ・次に徐々にスピードを落とします。
    ※急に減速するのではなく
    ポンピングブレーキを使って徐々に減速するのが効果的です。

    ・次にゆっくりと車を路肩に付け、停車させます。

    ・停車したらロックされてるか確認する。

    ・何があってもけっしてドアは開けない。

    そのまま通りすぎるのを待ちましょう。

    ③車から降りてきた時の対処法

    ・相手のナンバープレートの写真を撮るか、
    番号を控えておく。

    もし車を傷つけられた場合には損害賠償請求が可能なので
    相手のナンバープレートは忘れずに控えるようにしましょう。

    ・すぐに110番をする

    この時、
    もし相手が下りてきてあなたに対し大きな声など
    威圧的な態度なら「緊急走行で来てください!
    相手が私に大声で叫んでます!身の危険を感じます」と
    はっきりと緊急性を伝えてください。

    そうすれば、最寄りのパトカーがサイレンを鳴らして数分で飛んできます。

    ・警察が到着するまで、
    絶対に外に出ない。

    相手とは話をしない。

    あおられた時にやってはいけない危険行為

    ①あおり返す

    もっともいけない行動です。

    相手を逆上させるだけで何の解決策にもなりません。

    「相手が先にやったから。」という言い訳は通用しません。

    同罪です。

    停止時に相手が車から降りてきて、
    口論や暴力を伴うケンカになる恐れもあります。

    ②クラクションを鳴らす

    運転中に腹が立ったときに
    「ブーッ!」と思いっきりクラクションを鳴らし
    続ける人は珍しくありませんが、
    道路交通法で定められている場面以外で
    クラクションを鳴らすのは違反行為です。

    ③急停止する

    通常、
    停止した車両に後ろから車両がぶつかる追突事故では
    後ろから衝突した車両に全責任が問われます。

    しかし、
    危険回避等の正当な理由なく急停止をして
    事故が起きた場合には、
    停止した側にも20~30%の責任が問われる可能性があります。

    まとめ

    個人的にこうすればいいんじゃないかなって
    気持ちで書いてみました。

    もっと良い方法もあるでしょう。

    少しでも参考にしてくれれば嬉しいです。

    今日も読んでくれてありがとうございました。

    こちらの記事も読んでくださいね⇒進路変更の合図はいつするのか7つの手順とポイントをお教えしますね!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする