最近のコメント

    車の右折のタイミングと方法!サンキュー事故を防ぐには!


    もろもりです。

    運転の初心者でなくても
    交通量の多い交差点での右折は大変ですよね。

    右折するタイミングがつかめない。

    なかなか右折できない~って
    困っていませんか?

    そこで、
    右折に気をつけることをお教えしますね

    スポンサーリンク

    右折のタイミングは!

    右折信号があればなあ~って思いません?

    そしたら、
    無理せずに右折できますよね。

    右折信号がない交差点。

    ほんとにイヤですね~、

    片側一車線で対向車線の車が結構多い道路って
    あせっちゃいませんか?

    なんで右折信号がないのよ~って、
    叫びたくなりますね。

    こんな道路の右折タイミングは
    非常に難しいです。

    こんな交差点では、
    信号が赤に変わるタイミング
    急いで右折するしかないですね。

    道交法では赤になったら
    進んではいけないのかもしれませんが、

    そうしないと、
    いつまで右折出来ないですよね。

    しかし、
    ここで気をつけてほしいのが、
    赤信号になったんだから対向車は止まるだろうとの
    思い込みです。

    赤信号になっても、
    止まらないどころか
    すぴスピードを上げて突っ込んくる
    車もありますからね。

    ほんと、
    気をつけてくださいね。

    私も
    何回か経験したことあります。

    赤信号に変わったので、
    右折しようとしたら
    対向車が止まらずに突っ込んできたんです。

    あわててブレーキをかけましたね。

    ほんとに危機一発でした。

    思わず、危ないやろって
    車の中でさけび大声で叫びました。

    気をつけてほしいのが、
    止まるだろうの思い込みは危険です。

    赤信号に変わったから
    対向車がすぐに止まるとは限りません。

    逆にスピードをあげて、
    渡ってしまおうと交差点に突っ込んでくる車もいます。

    減速して止まる意思があるのかを
    確認してから右折しましょうね。

    それと、
    横断歩道での歩行者と自転車です。

    赤信号に変わっても
    平気で渡る歩行者や自転車もいます。

    車だけに気を取られないようにしましょう。

    対向車を信用しない!

    事故の多くは交差点が多いそうです。

    右折のときに気をつけること。

    それは、
    対向車を信じないこと。

    これだけです。

    止まってくれるだろう。

    思い込みは危険です。

    あなたは交通ルールをちゃんと守っているでしょう。

    しかし、
    相手が交通ルールを守るという保証はないのです。

    事故を防ぐポイントは、
    「相手を信用しない」ということです。

    自分の存在をアピールする!

    なかなか右折できなくて
    いらついて対向車との距離がないのに
    右折したことないですか?

    もしも、
    そうならばクラクションを鳴らされたことも
    あるんじゃないでしょうか?

    あせりは禁物ですよ!

    気持ちはわかりますが、
    危険です。

    右折のときに重要なのは、
    相手に自分の存在を見せながら
    ゆっくり行動することです。

    ゆっくり進めば、
    横断歩道を渡りきれてない歩行者がいても、
    余裕を持って止まることができます。

    そして、
    周りにもあなたの行動を見て判断する余裕を与えるためにも、
    ゆっくり行動してください。

    見せる運転です。

    交差点で起きる事故は、
    ゆっくりと慎重に行動すれば避けられるものが多いです。

    スポンサーリンク

    サンキュー事故を起こさない!

    サンキュー事故とは・・・

    優先権のある車両が優先権のない車両に通行を
    優先させた際に起きる交通事故の一種です。
    対向車が右折したところに直進車と同方向の左側を
    通過するバイク(二輪車)、
    または自転車と出会い頭に衝突をする事故などを言います。

    なぜこのようなことが起きるのか?

    交差点を右折しようと停止しているとき、
    対向車線のドライバーがライトなどで
    どうぞって合図して行かせてくれようとしてくれます。

    そこで、
    せっかく停止までして、
    待ってくれているんだか、
    急いで曲がらないと~って気持ちになりますよね。

    それと、
    対向車が止まっているんだから
    心配なく右折できるという思い込みが原因です。

    バイクや自転車が車の横をすり抜けてくるとは
    思わないといけません。

    よく確認することで防げることです。

    右折のときはとにかく自分の目で見て確認することが大事です。

    トラックで前方が見えないときは

    右折の矢印信号のある交差点で
    前の車がトラックなどの大型車だと
    信号が隠れてしまい見えないときがありますよね。

    右折の矢印信号が消えたのに
    トラックが強引に曲がっていったとしたら、
    それに追従して右折しますよね。

    ちゃんと曲がりきれればいいですが、
    対向車が突っ込んでこないとも限りません。

    こんなとき、
    私はトラックの後ろにピッタリとつかず、
    少し距離をとり、
    できるだけ信号が見える位置で停止します。

    自分の目で信号を
    確かめることが大事です。

    右折を待っている車が何台か並んでいるとき

    右折信号があれば、
    問題ないですが、
    右折を待っている車が何台か並んでいるときも
    気をつけたいことです。

    右折の矢印信号がない場合、
    信号の変わり目で右折できるのは
    1台、よくてせいぜい2台です。

    そこを3台目、4台目でも強引に曲がろうとする
    ドライバーがいます。

    そうなると急いで曲がらなければならなくなり、
    みずから事故を招くことになります。

    交差点の中に2台以上の車が右折待ちをしていたら、
    横断歩道の手前で止まり、
    次の信号の変わり目を待つように
    しましょう。

    まとめ

    車の事故の原因は、
    ほとんどが確認不足によるものだと思います。

    とにかく、あせらないことです。

    あせると、
    どうしても確認不足になります。

    ゆっくりと運転しましょうね。

    今日も読んでくれてありがとうございました。

    こちらの記事も読んでくださいね⇒左折のコツ

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする