最近のコメント

    車の左折の手順とコツ!巻き込み事故をふせぐ左折時の幅寄せは必要なの!

    もろもりです。

    あなたは右折と左折どっちが楽だと言われれば、
    きっと右折だって答えるんじないかな。

    でも、
    そうとは限らないですよ。

    私は右折より左折のほうが怖いなと
    思いますね。

    今日は左折のコツ、

    巻き込み事故をふせぐにはどうすればいいのか!

    記事内でお教えしますね。

    スポンサーリンク

    左折のコツ

    左折の手順

    ①、ウィンカーを出す
    ②、ミラーと目視で左後方を確認
    ③、車を左側に寄せる
    ④、もう一度ドアミラーで確認してから左折
    ⑤、横断歩道の歩行者や自転車に注意する

    左折の手順の注意事項

    ウィンカーを出す・・・

    ・ウィンカーを出す前に左のサイドミラーでバイクがいないかを確認をする

    ウィンカーで左折の意思表示をするためにも、
    かならず、30m手前でウインカーを出す

    30m手前で合図を出すのは、左折のルールで決まっています。

    ミラーと目視で左後方を確認・・・

    ・車のスピードを落としながらルームミラー、
    左側のドアミラーでバイクや自転車を確認する

    ・二輪車が近づきすぎて、車とならんで並んでいるようでしたら
    ためらうことなくさらにスピードを落として先に行かせる

    ・最終的には振り返って、
    左側や後方を確認する

    車を左側に寄せる・・・

    ・左側に二輪車がいなければ、車をなるべく左側に寄せて、
    二輪車の割り込んでくるスペースをふさぐ

    ・ハンドルを切る量は少なくし、
    滑らかに寄せるようにする

    バイクや自転車などの巻き込み防止のためなので、
    通れない程度によせます。

    もう一度ドアミラーで確認してから左折・・・

    ・左折するときにはブレーキペダルを踏んでいるので、
    車のスピードはかなり落ちています。

    遠くにいたバイクや自転車が車のすぐ左側にいるかもしれません。

    もう一度、
    ドアミラーで確認してから左折します。

    横断歩道の歩行者や自転車に注意する・・・

    歩行者がいないと思って安心して左折しようとしたら、
    いきなり左側から横断歩道から自転車がやってきて、
    ドスンとぶつけられるということもあります。

    自転車は歩行者と違って、
    スピードを出して走ってくることがあり、
    察知しづらいです。

    青信号で渡ってくるのですから、
    なにも言えません。

    巻き込み事故をふせぐには

    左折がなぜ右折よりも怖いのか?
    ●左側からの割り込んでくるバイクや自転車が
    多い
    ●バイクが車の斜め後ろを並走している
    ●横断歩道での左側からくる歩行者が見えにくい
    ●左側は死角が多い

    あなたは、
    運転しているとき、
    右側と左側どちらが見えやすいですか?
    私は右側のほうが、
    だんぜん見えやすいですね。

    左折でいちばん多い事故は、
    バイクや自転車の巻き込みです。

    バイクや自転車は車の左斜め後ろを
    並走していることが多いですよね。

    左斜め後ろは、
    ミラーの視野の死角になります。

    気づきにくい場所です。

    そこで、
    左折することを
    バイクや自転車に知らせることが大事なんです。

    そのためには、
    早めにウィンカーを出し、
    左折する意思表示をしましょう。

    そうすることで、
    あなたがバイクや自転車に気づかなかくても
    左折のとき、手前で止まって待ってくれるでしょう。

    しかし、
    原付バイクの場合には、
    そんな期待はやめましょうね。

    原付バイクは年配者も多いので、
    車の左折の合図に気づかないことも
    あるかもしれません。
    もし原付バイクなら最大限の注意を払いましょう。

    スポンサーリンク

    左折時の幅寄せは進路妨害?

    左折時の幅寄せは危険かもしれません。

    自動車教習所では、左折時には、
    その手前から合図を出し、
    車を左に幅寄せするよう教わります。

    しかし、
    車道の左側を走行するのが原則である自転車にとっては、
    このクルマの幅寄せが危険だとする声も聞こえます。

    自転車は老若男女問わず利用している乗り物です。

    自転車専用レーンがない
    路側帯の幅が狭い車道で、
    車が幅寄せをされれば、
    危険だし、恐怖を感じることもあるかもしれません。

    しかし、
    左折するとの意思表示を左側のバイクや自転車に
    知ってもらうためには必要かもしれませんね。

    自転車の車線を作っていない道路管理者の問題・・・

    自転車しか乗らない人達がネットで
    「自転車が車道を走っていると、
    クルマが左に寄せて進路を邪魔する」と書いている。

    私も自転車に乗りますが、
    車道を走らないことが多いですね。

    「左に寄せて進路を邪魔する」というケースの多くは、
    次の交差点で左折するための正規な運転方法です。

    自転車しか乗らない人からすれば、
    道交法の勉強をしたことないから解らないでしょうが、
    道交法には「左折する場合、手前から左に寄ること」が
    義務づけられているのです。

    左折時に左に寄るのは2つの理由・・・

    ①、直進車の進路が確保する。

    なるべく車線の左に寄ることで、
    直進車の進路が確保できる。

    ②、左に寄ることで左折する意思を示し(同時にウインカーも見えやすくなる)
    後続するバイクや自転車を巻き込まないようにするため。

    これをやらないと反則キップの対象。

    交差点で左折する際は、
    私は必ず左に寄るようにしています。

    左によると隙間がなくなるので、
    「幅寄せしやがって」と思っているかもしれません。

    しかし、
    道交法で決まっているし、
    バイクや自転車を巻き込まない安全策なのです。

    まとめ

    運転手から見て右側は見えやすいけど、
    左側は死角が多くて危険かもしれませんね。

    今日も読んでくれてありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする