最近のコメント

    神戸どうぶつ王国の見どころとおもしろ情報!お得な割引入場券を紹介!

    もろもりです。

    神戸どうぶつ王国に行ってきました~。

    すごく楽しかったですよ。

    動物園とは、
    違って可愛い動物たちと
    ふれあえる楽しみがあります。

    2018年関西の年間動物園人気ランキング1位。

    兵庫県の家族で年間おでかけ
    人気ランキング1位にも選ばれています。

    口コミでも
    すごく評判が高いですね。

    とにかく動物との距離が近い!
    近すぎる!

    猛獣を除いてですけどね。

    天候にも左右されない!

    なんといっても
    すぐ近くで動物たちとふれあうことができるのが
    人気の秘密のようですね。

    そんな、
    神戸どうぶつ王国の見どころや営業時間、
    どうぶつ王国の仲間たちを紹介したいと思います。

    スポンサーリンク

    神戸どうぶつ王国の見どころ

    詳しくはこちらで⇒神戸どうぶつ王国公式サイト園内マップ

    神戸どうぶつ王国はドッグステージなど
    一部のえりあエリアを除くと全天候対応施設なので、
    雨が降ったらどうしようなんて
    雨を気にせずにゆっくりと楽しむことができます。

    そんなところも、
    人気のひとつなのでしょうね!

    家族で行くと割高感はありますが、
    それなりに十分楽しめます。

    見どころは、
    子供でも心配せずに触れることができる
    うさぎ、モルモット、猫、犬のなどのふれあいタイム。

    そして、

    ひつじ、カンガルー、ラクダ、アルパカ、カピバラなどの
    大きな動物とも触れあうことができ、
    餌あげもできます。

    ただし、

    小さいお子様だと
    大きい動物が近づいてくると
    怖がって泣き出すかもしれませんが・・・

    おもしろイベント情報

    神戸どうぶつ王国イチオシイベント!

    ●バードパフォーマンスショー

    ウォーターリリーズ(バードショー会場)

    平日、 11:30 ~、14:00 ~
    土日祝、11:30 ~、14:00 ~、16:00~

    オオフクロウ、ハヤブサ、ハリスホーク、
    ルリコンゴウ、ベニコンゴウインコ、オオバタンなど
    数種類の鳥たちが大きな翼を広げて飛行します。

    優雅に飛ぶ姿が最高~です!

    オオフクロウの翼の羽ばたく音さえも聞こえない鳥。

    そして、
    ジェット機のような速さで急降下、
    急上昇し獲物を捕獲するハヤブサ

    ベニコンゴウインコの美しい鮮やかな翼。

    夢中になりすぎて時間を忘れてしまいました。

    近くに指導員がいたので、
    目の前や頭の上を鳥たちが飛んでくるので、
    すごい迫力でした。

    羽が頭にふれることもあったです。

    バードショーが終わると「フクロウふれあい」があり、
    専用グローブ着用しフクロウを腕に乗せてお持ちのカメラで
    記念写真が撮れます。(300円)

    ●ドッグパフォーマンスショー

    ドッグステージ

    平日 、12:30〜、15:00〜
    土日祝 、12:30〜、15:00〜

    屋外のアウトサイドパークのドッグステージで
    行われるドッグパフォーマンスショーです。

    本場ニュージーランドの羊飼いによる
    シープドッグパフォーマンスショーです。

    人間の変わりに、シープドッグがたくさんの羊を
    飼育するというような感じでしょうか。

    ショーの後には、
    出演していた犬とのふれあいを楽しむことができます。

    ※雨天中止、
    犬たちの体調などにより内容が変更になる場合もあるようです。

    おもしろくて可愛い動物たち

    屋外エリアのカンガルーファームにいる仲間

    あの大きなカンガルーの寝そべってる様子は
    おもしろいですよ!

    お腹を上にして、
    おじいちゃんが寝ている姿と同じです (笑)

    おじいちゃんのひなたぼっこです。

    大きなカンガルー、小さなカンガルー、
    数多くのカンガルーたちがのんびりと暮らしています。

    見て、さわって、エサやりもできます。
    (1カップ100円)

    アキシスジカ。

    金網フェンスから顔を出して外の葉っぱを
    食べてるしぐさが可愛かったです。

    ちょっといたずらして
    食べようとする葉っぱを口から遠ざけると
    歩いて頭を金網から出してきて
    可愛かったですね!

    すごくおとなしい印象でした。

    頭をなでても怖がって
    逃げたりはしなかったですね。

    ただし、金網フェンスの外からですけどね。

    安全地帯からです。

    毛は短くて
    すごく硬かったですね。

    アフリカの湿地にいる仲間

    ワオキツネザル。

    すごく人なれしているのか?

    警戒心が全然ないです。

    近くを歩いていると
    同じように歩いてついてきます。

    おどろかせない限り逃げたりしないですね。

    ハシビロコウ。

    仲がいいのかずっと見つめあっていました。

    一時間ほど、
    アフリカの湿地にいたんですが、
    ハシビロコウとアキシスジカは
    ほとんど動いていなかったと思います。

    はく製かぬいぐるみのようです。

    スポンサーリンク

    パーク情報

    神戸どうぶつ王国内は屋内型のインサイドパークと、
    屋外型のアウトサイドパークに分かれています。

    https://www.kobe-oukoku.com/parkguide/

    インサイドパーク(屋内エリア)

    ロッキーバレー「ウルフクリーク」

    ロッキーバレー「ベアーキャニオン」


    ずっと歩き回っていました。

    近くで見るとすごく大きくて貫禄がありました。

    ロッキーバレー「クーガーウォーク」

    ロッキーバレー「イーグルネスト」

    「ロッキーバレー ~北アメリカの動物たち~」の中の、ハクトウワシのコーナー「イーグルネスト」は、“鷲の巣”という意味です。岩場と水辺があり、悠然としたハクトウワシの姿をご覧いただけます。

    ロッキーバレー「ビーバークリーク」
    ビーバークリークには、2017年4月に完成した施設で、北アメリカの動物たちを中心に展示されています。「クーガーウォーク」「ビーバークリーク」2つのコーナーに分かれています。このエリアの主役は、ビーバーの家族で、2017年5月に生まれた赤ちゃんを見られます。
    その他にも、シマスカンク、2017年4月に誕生したシマスカンクの赤ちゃん、「ヘソイノシシ」の別名を持つ、イノシシの仲間のクビワペッカリーを展示しています。

    アジアの森

    レッサーパンダやビントロングが頭上を行きかう、
    まるでアジアジャングルの中にいるかのようです。

    アクアバレー

    熱帯の森

    熱帯の湿地

    アフリカの湿地

    ウォーターリリーズ(バードショー会場)

    コンタクトアニマルズ

    コンタクトパロッツ

    フラワーシャワー

    アウトサイドパーク(屋外エリア)

    ドッグステージ

    キャメルコーナー

    カンガルーファーム

    アルパカスペース

    ホースライド

    羊が丘

    ペンギンウォーク

    ※神戸どうぶつ王国公式サイト参照

    王国の仲間たちの画像はこちら⇒神戸どうぶつ王国公式サイト王国の仲間

    営業時間と入場券

    大人(中学生以上) 1,800円
    小学生 1,000円
    幼児(4歳・5歳) 300円
    シルバー(満65歳以上) 1,300円
    ※シルバー料金は公的機関の年齢証明できるもの(運転免許証など)をご提示ください。
    ※全て税込価格です。

    割引は・・・

    JAF会員証で大人(中学生以上) 1,800円→1,700円
    HISで大人(中学生以上)1,800円→1,700円

    ■冬期(12月~2月)は以下の営業時間。
    【平 日】10:00~16:30(入園締切16:00)
    【土日祝】10:00~17:00(入園締切16:30)

    駐車場料金
    普通車/24h 500円

    まとめ

    大人でも子供と同じように楽しむことができるのが、
    神戸どうぶつ王国の良さだと思います。

    家族全員で行くと結構なお金がかかりますが、
    それなりに面白いですよ!

    今日も読んでくれてありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする