クロマニヨン人の存在と容姿!なぜネアンデルタール人を滅ぼし繫栄できたか!

クロマニヨン人はネアンデルタール人はを滅ぼしたといわれています。

戦いをして、
最後にはクロマニヨン人が勝利します。

なぜ、
クロマニヨン人はネアンデルタール人に勝ったのでしょうか!

クロマニヨン人の容姿!

どんな生活を送っていたのか?

調べてみました。

スポンサーリンク

クロマニヨン人の存在

クロマニョンは、約4万 〜1万年前の人類です。

現代人と同じホモ・サピエンスです。

一部のヨーロッパ人の先祖でもあります。

人類全体の祖先は、
ホモ・サピエンスとなる前の古代型サピエンスであり、
より以前は旧人→原人と遡っていきます。

他のサル達と分岐し、
最後に現在のチンパンジーの祖先と分岐し、
猿人を経て現世人類へと進化しています。

クロマニヨン人の容姿

クロマニヨン人は身長が、
平均180センチメートル前後あったようです。

現代人と比べてもかなりの高身長ですね!

骨格も、
すごく頑丈で歯は小さくて
多くの点で現代人と似ています。

旧人のような眼窩上隆起や額の後退はみられず、
乳様突起が発達しています。

きわめて現代人に似ていますね。

どんな生活をしていたのか!

クロマニヨン人は衣服を作る「針」を
持っていたようです。

一つでなくて、
数種類の針を使っていたと考えられています。

主に動物の腱(けん)を鞣(なめ)して、
またなめし皮を切りそろえて細い糸にしていました。

その当時、
使ったと思われる植物の蔓や動物の体毛よりも
耐久性があります。

食料が豊富にあった時代だったようで、
生産の必要がなくて狩猟採集生活で生きていけたので、
犬以外の家畜を持たず、農耕も知らなかったみたいです。

それが原因で、
食料となる動物が減少・絶滅すると共に同じく滅亡します。

スポンサーリンク

クロマニヨン人がネアンデルタール人を滅ぼした!

10万年以上の年月をかけてクロマニヨン人は、
体格で優性だったネアンデルタール人を
駆逐したと考えられています。

人類最強といわれるほど、
ネアンデルタール人は体格に恵まれていたのです。

なのに、
クロマニヨン人がネアンデルタール人を
駆逐できたのは知性がで優っていたためでは
ないでしょうか。

戦争で一部は捕虜になって奴隷化され、
あるいは辺鄙な地方に追いやられ、
栄養不足と近親結婚などによって、
滅亡したのではないかと思っています。

ネアンデルタール人の容姿と存在

クロマニヨン人が繫栄したのはなぜ?

クロマニヨン人が繁栄したのは、
太陽や野牛や火などの概念を
「言葉化」したことです。

ひとりの人生経験による知識が言葉によって
共有出来たことで、
農業や工業が発展したからです。

当時、同じような人種の
ネアンデルタール人も
壁画は描いたのですが、
言語や知性で劣っていたため
繫栄しなかったようです。

北京原人とクロマニヨン人どっちが先に誕生したのか!

北京原人です。

北京原人の誕生は、
約68~78万年前と推定されています。

クロマニヨン人は、
約4万 ~ 1万年前と考えられています。

クロマニヨン人とネアンデルタール人とのかかわり!

クロマニヨン人(新人、現生人類と同種とされる)と
ネアンデルタール人は、異なる種であるために、
仮に性交をして子が出来たとしても、
その子には生殖能力が無かったのではないかと、
言われてきました。

たとえば、
ヒョウとライオンから生まれるレオポンのような、
一代雑種はいただろうけれども、
その「後」は続かなかったという事です。

まとめ

クロマニヨン人は体格では、
ネアンデルタール人より劣っていたと思われます。

しかし、ネアンデルタール人を滅亡することが
出来たのは現代人と同じように言語によって
知識を共有できたからです。

それが発展に繋がったんですね。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする