最近のコメント

    進路変更の合図とタイミング!7つの手順とポイントをお教えしますね!

    もりもりです。

    車を運転していて気になったことがあります。

    進路変更(車線変更)のさい、
    合図(ウインカー)を出しますよね。

    しかし、
    道路交通法での進路変更の方法としての、
    正しいやり方はどうすればいいんでしょうか?

    進路変更ってけっこう難しいですよね!

    初心者はとくに進路変更が難しいと聞きます。

    そこで、
    進路変更の合図とタイミング!
    7つの手順とポイントをお教えしますね。

    よければ、
    参考にしてくださいね。

    スポンサーリンク

    進路変更(車線変更)の合図とタイミング!

    「進路変更の合図」と「右左折の合図」では、
    合図するタイミングも全然違ってきます。

    進路変更(車線変更)は、
    進路変更(車線変更)をしようとする、
    3秒前にウインカーで合図をしなければいけません!

    後続車と変更する車線の車に、
    進路変更の合図をタイミングよく知らせます。

    右左折・転回は、
    右左折・転回をしようとする、
    30m手前から合図をします。

    後続車に右左折・転回するのを知らせます。

    ※進路変更も右左折・転回も合図を
    出して、いきなり進路変更するのはやめましょうね!

    すごく危険な行為です!

    後続車に迷惑をかけるだけでなく、
    追突される危険もあります。

    進路変更の7つの手順とポイント!

    進路変更を開始する前に
    前方の状況や後続車の動きについて
    安全確認をしましょう。

    後続車と変更する車線は、
    「ルームミラーとサイドミラー」で、
    確認します。

    変更する車線の真横の車やバイクは、
    ミラーに写らない「死角」があるので、
    必ず目視で確認しましょう!

    進路変更の手順・・・

    1、まず、 前方の状況、対向車などを確認。

    2、ルームミラーで後方の状況を確認。

    後続車との距離、後続車が追い越しを
    かけようとしていないか。

    3、サイドミラー(これから移動する
    車線側のミラー)で後方の状況を確認する。

    4、 確認できたら、
    方向指示器の合図を開始しましょう。
    (これから移動する車線側のウインカー)

    必ず進路変更を終えるまで出しておきましょう。

    5、直接目視でななめ後方の視角の確認。
    (これから移動する側のななめ後ろ側に顔を向ける)

    6、再び前方の状況を確認して、
    よければハンドルを切りはじめる。
    (合図を出してから3秒以上たってから)

    7、進路変更が終わったら忘れず合図
    (ウインカー)を切る。

    ポイント・・・
    ・後方の確認はルームミラー

    ・左右の確認はサイドミラーで行い、
    ミラーの死角になるところは直接目視で確認する

    ※左への進路変更なら左のサイドミラーによる
    確認と左ななめ後方の直接目視を行う

    スポンサーリンク

    進路変更がうまく出来ない!

    なれててても、
    進路変更(車線変更)はこわいです!

    とくに、
    バイクはミラーの死角になりやすく、
    変更の合図を出しても速度を落とさず
    走り抜けるときもあります。

    そして、
    次々と車が来て、
    となりの車線に移動するタイミングが
    つかめないときもあります。

    速度を落として譲ってくれれば良いですが、
    入ろうとしたらクラクションを鳴らされて
    譲ってもらえないってこともあります。(泣)

    もう、いや~ってなりますよね。

    それで、
    免許は取ってもペーパードライバーになる人って
    けっこういるんじゃないでしょうか!

    かんたんに、
    進路変更(車線変更)するためには
    練習しかありません。

    それと、
    ルームミラーとか左右のミラーを見て、
    余裕で真っ直ぐに運転できるようになることです。

    進路変更が苦手な人は、
    運転しながら余裕でミラー見れない人が多いですね。

    ミラーに集中したらふらふら運転になる。

    その逆で運転に集中したらミラーが見れない。

    運転に余裕が出来れば進路変更も
    大丈夫です。

    運転の初心者が気をつけるポイント!

    進路変更でとくに気をつけたい場所!

    トンネルの中・・・

    トンネル内では、
    昼間でもライトを点灯するように
    なっています。

    しかし、
    意外とライトを点灯していない車も多いです。

    昼間でもトンネル内は、
    薄暗くてライトを点灯していない車は
    見えにくくなります。

    トンネル内でなくても、
    夜暗くなっているのに点灯していない車を
    見ることがあります。

    夜暗いと点灯していない車は
    気がつかないこともあります。

    そんなこともあることも、
    想定して安全確認は充分にしましょう。

    進路変更で合図を出さない車が多い県はどこ?

    進路変更、右折・左折、転回するときは、
    合図(ウインカー)を出すのはあたりまえ。
    そんな当たり前の交通ルールが、
    ダントツに守られていないのが岡山県です。

    これは、
    2016年7月に発表された、
    日本自動車連盟(JAF)の
    アンケート結果です。

    「方向指示器を出さずに車線変更や
    右左折する車が多い」との質問に対し、

    「とても思う」(53・2%)
    「やや思う」(37・8%)
    と岡山県は91%と全国で
    最も高かったそうです。

    岡山県のドライバーはウインカーを
    出さないと、
    以前から言われていたようですが、
    アンケートで改めて示された形になりました。

    ルールを守らないのは県民性なのでしょうか?

    ちなみに、
    合図を出さないと道路交通法53条に違反し、
    反則金が5000~7000円、
    違反点数1点が科されることになるんです。

    ちゃんとルールは守りましょうね。

    まとめ

    最近、ドライバーのマナーが悪くなっています。

    合図(ウインカー)も出さずに進路変更!

    強引な割り込み!

    車間距離を開けないドライバー!

    ブレーキをかけて減速してから合図を出す!

    車イス専用駐車スペースに健常者が平気で車を停める!

    駐車スペース2台分を使って車を停めているなど・・・

    社会生活にはマナーが大事ではないかと思います。

    今日も読んでくれてありがとうございました。

    こちらの記事も読んでくださいね⇒あおり運転にあわない7つの対策と対処法とやってはいけない危険行為!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする