運転の初心者が気をつけるポイントは!かもしれない運転を心がけよう!

もりもりです。

運転免許を取りたてのころは、
運転がすごく不安だと思います。

私も運転がすごく不安で仕方がなかった記憶があります。

慣れるまでに時間がかかって当然です。

逆に免許取りたてで、
運転に慣れている方がおかしいですよ。

無免許運転してたんか~い!

ってなりますよね。

では、
どんなことに気をつければ良いのか?

私の経験から気づいたポイントをお教えします。

よければ参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

思い込みやカンによる運転はしない!

日常生活においてもで、
きっとこうだろうとの思い込みや
「カン」にたよったりすることってないですか?

 

よくあるのは
私だけかな~(笑)

 

思い込みの意味を辞書で調べたら
( そうだとばかり信じきっていること。 それ以外にはないと固く心に決めること)
だそうです。

たんなる思い込みで事済むならいいですが、

車の運転での思い込みや「カン」は非常に危険です!

 

たとえば、
こんな光景に遭遇したことはないですか?

私は幾度もあります。

 

目の前を減速せずに猛スピードで走り抜ける車。

ここはサーキットじゃないぞ~(怒)

 

ほんとヒヤッとします。

 

周りの状況を確認しないのか、
それともおかまいなしに走っているんでしょうか?

こんなバカなドライバーの事故の巻き添えには
なりたくないですよね。

 

こんなドライバーでも、
まさか自ら事故を起こしたいとは思っていないでしょう!

事故なんて起きないとの思い込みでしょうね。

 

では、
どんな思い込みや「カン」で運転しているのでしょうか?

●自分の車の前を他の車や人が飛び出すことはないだろう

●車や人がいても、自分の車が通り過ぎるまで、止まってくれるはずだ

●自分はハンドルさばきが「上手い」から
何かあっても瞬時によけれる

 

きっとこんなところでしょう!

 

ようするに「おれは運転がうまい」と
自信過剰になっているのです。

 

しかし、
こんな「思い込みやカンによる運転」をしていたら、
危険なうえに命がいくらあっても足りません。

他人の命を奪うことにもなりかねないです。

けっして、思い込みやカンによる運転はしないように。

かもしれない運転を心がける!

かもしれない?

どんなことがあるか想定してみましょう

●右折するとき、直進車のすぐ後ろにバイクがいるかも?

●右折するとき、直進車の信号が赤になっても、信号無視する車がいるかも?

●自転車や歩行者が急に横断するかも?

●左折するとき、車の真横にバイクがいるかも?

●左折するとき、前方の右折車が自分の車より先に曲がろうとするかも?

●前の車が急ブレーキをかけるかも?

●赤信号のなっても対向車が止まらずに走ってくるかも?

●トラックや車の陰にバイクがいるかも?

ほかにもたくさんかもしれないがあるかもしれません。

自分で想定してみましょうね!

右折のタイミング

スポンサーリンク

目視と指差で安全確認をしよう!

安全運転をするのに、いちばん大切なこと、
それは、
目に見えないものに対して恐怖を感じることです。

恐怖を感じてたら運転なんて
出来ないって言われそうですが、
それぐらいの気持ちが大切だということです。

 

アクセルを踏むとき、
ハンドルを切るとき、
すべてにおいて目視して行動することです。

車はすごく便利な乗り物です。

 

車の通れる道さえあれば、
楽にどこでも行くことができます。

 

しかし、
事故を起こせば、
これほど危険な乗り物はないです。

 

物損事故ならお金で済みますが、
人身事故を起こせば、
関係者すべての人が不幸になります。

 

この嫌なことをなくすには、
目視で安全確認するすこと。

 

目で確認出来ないときは、
ミラーやガラス窓など、写るものを利用しましょうね。

 

たとえば、
止まっている車の陰から、
小さい子供が飛び出してくるかもしれません。

路地から飛び出してきそうな子供や自転車を
チェックするのに役立ちます。

 

あとは、
指差確認もすごく役に立ちますよ!

 

わかりやすいので例える、
電車の運転士や車掌が、
右よし左よしって安全確認しているものです。

とにかく確認。

すると少しでも危険は遠ざかります。

進路変更のタイミング!

自分の車をまわりにアピールしよう!

目視など目で見て
周りを確認することと同じくらい大切なのが、
自分の車を周りに見せるということです。

他のドライバーにあなたの存在をアピールすること!

 

自分の車をアピール=事故の減少

自分の車をアピールすることで、
周りが認識してくれます。

 

すると、
あなたの車に気がつくので
事故の減少にもつながります。

 

それと、
初心者のころに勘違いしやすいのが、
昼間は明るいので、
自分の車が見えやすいと思っていませんか?

 

しかし、
夜の方が見えやすいのです。

 

夜はライトを点けて走りますよね。

ライトの灯りで自分の車が、
近づいて来ていることがよくわかるんです。

 

できる限り、
自分の車をアピールするようにしよう!

●昼間でも、雨や霧で視界が悪いときはライトを点灯する

●カーブが多い山道では
カーブミラーに自分の車がわかるようにライトを点ける

●交差点での右左折もっくりおこなって周りにわかるようにする

●相手に見えにくい駐車場などの道から
道路に出るときは、少しずつ車の鼻先を出す

 

これから自分の車が何をしようとしているのか、
止まろうとしているのか、曲がろうとしているのか、

その意思をはっきり他の車にアピールしてください。

 

あらゆる相手に余裕をもって行動する時間を与える。

それが見せる運転ということです。

まとめ

車の運転は、いろんな経験をして上手になるのです。

記事内で紹介している確認をおこたらずに
事故を起こさないように運転してくださいね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

こちらの記事も読んでくださいね⇒あおり運転にあわない対策と対処法!

スポンサーリンク

投稿者: nayami

もりもりです。 出身地:長崎県五島列島 愛妻、子供、愛猫一匹。 雑学ブログを書いています。 宇宙や超能力など、 不思議なことが大好き! お金はないけど、 パートをしながら、 ちょっとの幸せを感じながら、 平凡な毎日を送っています。 これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください