革・スエードコートの汚れ取りとスーツ・スカートのカビ取り術!

もろもりです。

革の服は丈夫で長持ちします。

ただし、
手入れをしないと汚れやカビが
ついてしまいます。

毛革のコートも毛が寝てしまいます。

そこで、
革の服の手入れ方法を紹介しますね。

スポンサーリンク

毛皮のコートが生き返るケア!

毛皮のコートは、
すごく高額。

少しでも、
長く着れるように保管したいですよね!

そのためには、
ふだんの手入れがかんじんです。

毛皮のコートは、
ハンガーにかけてホコリをたたき出します。

そして、
ぬるま湯にシャンプーを溶かした液で
タオルをかたくしぼり、
毛並みにそってふいていくときれいになります。

毛皮の毛が寝てしまったら

毛皮コートの毛はつねに
フワッとさせておきたいものです。

もしも、
毛が寝てしまったら、
お湯でしぼった蒸しタオルを
そっと当ててしばらく置くと、
湿気が毛を元どおりに直してくれます。

スエードのコートの汚れ取りアイテム

スエードのような裏皮製品は、
汚れを取るのにクリーナーを使わず、
ブラシと消しゴムを利用するといいです。

まず、
イラストのようにブラシでホコリをはらい、
汚れを消しゴムでていねいにこすって落とします。

ここで注意が必要です。

汚れた消しゴムは使わないこと!

汚れた消しゴムを使うと汚れが
コートに移ってしまいます。

また、
汚れをきれいにふいてから、
掃除機に小さめの吸い取り口をつけて、
コートのホコリを吸い取ると、
上手に取れます。

スポンサーリンク

皮革のコートは日ごろの手入れが勝負

皮革製品は耐久性には優れていますが、
湿気や直射日光にすごく弱いです。

革、独特な風合いを保つには、
日ごろの手入れしだいということになります。

革のコートは雨に濡れてそのままにしておくと、
湿気がついてしまい
すぐにカビがついてしまいます。

そんなときは、
まず陰干ししてカビを浮かせ、
ビロードの布でこすり落とすといいにしてです。

そのあと、
皮革用のクリーナーでふきます。

クリーナーがないときは、
化粧用のコールドクリームをつけて
ふいてもきれいなります。

革のコートについた油汚れの応急処置

革のコートやスカートに、
料理の油ジミをつけてしまったときの応急処置です。

すぐにティッシュペーパーを使って油ジミを
広げないように汚れをきれいに吸い取ります。

そして急いでクリーニングに出しましょうね。

ビロードのしわ取り

ビロードの服にしわがついてしまったときの
しわ取り術です。

まず、
服のしわがついた部分に
やかんの湯気を当てます。

するとビロードの毛脚が立ってきます。

しばらくおいてから、
やわらかいブラシでていねいに
ブラッシングし
毛脚をととのえておきましょう。

スーツ・スカートのカビを取るコツ

湿気の多い梅雨時に、
スーツやスカートなど
衣類にカビが生えてしまった。

そんなときはブラシでよくはらってから
水でしぼったタオルでふき取ります。

それでも取れないときは、
漂白剤を使います。

傷みやすい絹の場合は、
アルコールでたたくといいです。

まとめ

革の服は丈夫で長持ちします。

しかし、
日ごろから手入れをしておかないと
カビやシミがついて
着れなくなってしまいます。

そんなときに役立つ、
お手入れ方法を紹介しました。

ありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする