シャツの黄ばみをかんたんに一発できれいに取る方法をお教えしますね!





もりもりです。

シャツや衣類の襟元(えりもと)や袖口(そでぐち)にできる黄ばみ。

気になりますよね。

私は服を着るたびに、すごく気になってします。

なんか汚れているのを着る感覚になりますね。

でも、
この黄ばみは、すごくしつこくて
何度も洗濯機で洗っても取れないです。

そんな黄ばみをどうすれば落とせるのか?

お教えしますね。

<出典元:「ガッテン!」>

スポンサーリンク

しつこい黄ばみの正体は?

衣類の襟元(えりもと)や袖口(そでぐち)に現れる黄ばみ。

「きちんと洗濯しているのに黄ばみが取れない」、
「いつの間にか黄ばんでいた」、
ということありますよね。

この黄ばみの正体は皮脂(ひし)なんです。

皮脂(ひし)汚れは非常に頑固で、
ふつうに洗濯しても、なかなか取ることはできません。

何回洗濯したら皮脂汚れが落ちるかを実験したら

人工的に作った赤色の皮脂を布にしみ込ませ、
何回洗濯したら汚れが落ちるかの実験報告があります。

洗剤を入れた水で5分間洗い、これを繰り返します。

200回洗濯をしても、完全には落としきれなかったそうです。

通常の洗濯では、皮脂を完全に落としきるのは難しいようですね。

 

なぜ、完全にはおとせないのか?

洗い方や洗剤の種類にもよりますが、
汚れのうちの2~4割くらいは繊維の中に
こびりついてしまうと考えられています。

そして、徐々に蓄積した皮脂汚れが、
酸化して黄ばみとなるのですね。

ドライクリーニングなら黄ばみは落とせるのか?

家庭での洗濯で落ちないのならば、
クリーニング店でのドライクリーニングでは
どうでしょうか?

ドライクリーニングとは、「有機溶剤」という油の一種を
用いる方法です。

試しに赤色の人工皮脂をしみ込ませた布を、
有機溶剤の入ったビーカーに入れてかくはんすると、
人工皮脂はあっという間に溶け出しました。

皮脂汚れに強いドライクリーニングで、
黄ばみの気になるシャツも、
スッキリ新品同様の仕上がりになりました。

けれども、
このシャツを人工的に時間経過を再現できる装置に入れたところ、
4日目(相当)くらいから黄ばみが発生してきました。

時間とともに黄ばみが浮き上がってきたのです。

ドライクリーニングでも落とせない汚れが、
黄ばみのもう一つの原因なのです。

洗濯の達人の黄ばみ対策のワザ!

洗濯の研究を36年続けている洗濯の達人の
黄ばみ対策を見せてもらいました。

ドライクリーニングで仕上げたシャツを、
自宅の洗濯機で再び洗濯します。

これで黄ばみの元はほとんどなくなったと。
達人はいいます。

実は黄ばみの原因は、
「皮脂」と「タンパク質(あか)」
2つがあり、ドライクリーニングが得意とするのは
皮脂だけなのです。

なので、ドライクリーニングだけだと時間がたつと、
残っていたタンパク質汚れが酸化して、
再び黄ばみが現れることがあるのです。

「皮脂」と「タンパク質(あか)」

この2つの汚れを落とすポイントは、
「洗濯の順番」にあったのです。

ドライクリーニングで皮脂を落としてから、
水洗いでタンパク質を落とすのが正解です。

クリーニング店でも、ドライクリーニングと水洗いの
両方を依頼できるので、
相談してみるのもいいでしょうね。

酸素系漂白剤の使い分け

「酸素系漂白剤」には、粉末タイプと液体タイプがあります。

漂白力が強いのは粉末タイプ。

水に溶かしたときの化学反応で除菌力がアップします。

ただし、ウールやシルク、金属繊維には使えないので、
その場合は液体タイプを用いるとよいです。

 麺・毛織ウール・シルク・金属繊維
粉末
液体

注意!
塩素系漂白剤と酸素系漂白剤は絶対に混ぜない

スポンサーリンク

家庭でもできる!簡単黄ばみ落とし術

家庭でできる黄ばみ落とし術に使うのは、洗濯洗剤のほかに、
「酸素系漂白剤(粉末)」と「台所用洗剤」の2つです。

台所用洗剤の主な成分は「界面活性剤」。

洗濯洗剤にも界面活性剤は含まれていますが、
油汚れに特化した台所用洗剤は、
衣類の皮脂汚れを落とすのにも向きます。

台所用洗剤の種類によって効果は異なりますが、
研磨剤入りのものは生地を傷めるので使わないでください。

酸素系漂白剤と台所用洗剤を混ぜたら、
黄ばみ部分に直接塗り込みます。

その後、水で十分にすすぐか、
洗濯洗剤を入れて洗濯機で洗えばOK。

手荒れを防ぐために、手袋の着用をおすすめします。

以後は、着るたびにふつうに洗濯すれば、
3か月に1回ほど行えばよいでしょう。

黄ばみ落とし術

<用意するもの>

※用量を守ってくださいね。

・台所用洗剤(濃縮タイプ)・・・大さじ1
(通常タイプなら大さじ2)

・酸素系漂白剤(粉末)・・・大さじ1/2

・水・・・大さじ2

・洗濯洗剤・・・適量(規定の用量)

<ステップ1>

台所用洗剤と漂白剤を混ぜる
台所用洗剤と酸素系漂白剤、水を混ぜて軽く泡立つまでかき混ぜる。

<ステップ2>

・黄ばんだ部分に、<ステップ1>で作った液をぬり、
歯ブラシなどで塗り込みます。
そのまま、約1分間ほど置いておく。
(黄ばみの程度で、時間は調整してください)

<ステップ3>

ふだんどおりに洗濯をする。

全体的に黄ばんでいるとき

上記の方法と同じに、台所用洗剤、酸素系漂白剤(粉末)、
水をまぜたものを、2リットルのお湯(40℃)に溶かす。

衣類を10分間ほどつけ込み、そのまま洗濯機に入れて洗濯する。

まとめ

シャツの黄ばみって、なかなか取れなくて
大変ですよね。

記事内で一発で黄ばみを取る方法をお教えしました。

よければ参考にしてくださいね。

今日も読んでくれてありがとうございました。

スポンサーリンク

アバター

投稿者: nayami

もりもりです。 出身地:長崎県 愛妻、子供、愛猫一匹。 雑学ブログを書いています。 宇宙や超能力など、 不思議なことが大好き! お金はないけど、 ちょっとの幸せを感じながら、 平凡な毎日を送っています。 これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください